よかせっけん2.jpg

(ブログの説明)
sikaribrandsite_201501056.jpg
 

最近の記事

2015年03月01日

本当に肌のことを考えるなら”石けん”を選ぼう!

「石けん」と「フォーム」の違いは?

洗顔料には大きく分けて、「洗顔”石けん”」「洗顔”フォーム”」があります。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは 配合されている成分が違います。

「固形」でも”石けん”ではない場合がありますし、

「固形」でなくても”石けん”の場合があります。

「よか石けん」のように「固形」でじゃなくても”石けん”だという場合もあります。

洗顔石けん固形じゃない.png

ただ、簡単に大別してしまえば「石けん」以外の洗顔料が「洗顔”フォーム”」です。


「洗顔”フォーム”」の特徴と肌にあまりよくない理由

「洗顔フォーム」の最大の特徴は合成界面活性剤が含まれています。

そしてこの「合成界面活性剤」という成分がとても肌に悪いのです。

洗顔料には全て「界面活性剤」という成分が含まれていて、

その成分によって私たちの顔についた汚れ(汗や皮脂など)を洗い流してくれます。

「界面活性剤」が含まれていてもなんら問題はないのですが、

「合成界面活性剤」が含まれているとかなり危険です。

合成界面活性剤は食器洗ったり、洗濯したりするときに使用する洗剤に多く含まれます。

この成分によって主婦の方の「手がボロボロ」になってしまいます。


「洗顔”石けん”」の特徴と、肌に優しい理由

洗顔”フォーム”の主成分が「合成界面活性剤」であるのに対して

洗顔”石けん”は、『脂肪酸ナトリウム』や『脂肪酸カリウム』などの”天然成分”で構成されます。

天然成分は具体的に、アロエや黒砂糖、緑茶、火山灰シラス、などです。

「石けん」には合成界面活性剤が含まれていませんし、

防腐剤(パラベン)や香料、着色料、アルコールなどが一切添加されていません。


石けんは弱アルカリ性

この弱アルカリ性の”石けん”で洗顔することによって、「顔にうすい膜」が張られます。

これは石けん特有の現象で、その「膜」はアルカリ性であるため、肌はなんとか酸性に戻そうとします。

石けんで洗顔後、『つっぱり感』を感じたことがある方がいらっしゃるかもしれませんが

この『つっぱり感』は肌が活性化している証拠なんです。

⇒商品の詳細はこちら
posted by イイ洗顔 at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『よか石けん』は無添加だから安心!合成成分は完全無添加なんです

よか石けんは「弱アルカリ性」で本物の石けんです

『火山灰シラスパウダー』によって肌の汚れを洗い流してくれます。

”毛穴より小さい”ため、毛穴の奥に詰まった汚れをしっかり吸着してくれて、

結果的に、「鼻の黒ずみ」だったり「肌のゴワゴワ感(角質・角栓ずまり)」を解消してくれるわけです。

また、吸着力(汚れをキャッチするチカラ)が強いので、

取れにくくなった「古い角質」などをしっかり取り除いて・洗い流してくれます。

使ってみんしゃいよか石けん火山灰シラス.png

使ってみんしゃいよか石けん火山灰シラス2.png


美肌成分を60%以上配合

使ってみんしゃいよか石けん枠練り製法.png

よか石けんの場合は、「枠練り製法」で製造され

コラーゲンやアロエ、緑茶エキスや黒砂糖、ウーロン茶エキスなど

火山灰シラスパウダーの他にも、美容成分をたっぷり含めることができるというわけですね。

石鹸特有の「弱アルカリ性」によって肌を活性化でき、

おまけに「たっぷりの美容成分」で肌を保護することができる

これがよか石けんの優れたところ


化学的な合成成分は完全無添加

私たちの肌をボロボロにする、合成界面活性剤はもちろん、

アルコールやパラベン(防腐剤)、着色料、香料、鉱物油・・・などなど、

私たちの肌に害をなすかもしれない「合成成分」は一切含まれていないのです。

その代わり、肌に潤いを与えてくれる天然成分がたっぷり入っているのがうれしいですね。


よか石けんは医薬部外品

cats.jpg

グリチルリチン酸ジカリウムという成分によって、肌の「炎症」を抑えてくれます。

そのおかげでニキビや肌荒れ、”赤み”なども軽減してくれます。

⇒商品の詳細はこちら
posted by イイ洗顔 at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「よか石けん」をおすすめするポイント

ダントツの泡立ちと弾力

使ってみんしゃいよか石けん泡-150x150.png


よか石けんには「火山灰シラスパウダー」という吸着力に優れた洗浄成分が含まれ、

たっぷりの泡で洗顔することができます!

そのため以下のような効果が期待できます。

●毛穴の開きを改善できる、目立たなくなる(汚れのつまりを改善)

●毛穴の黒ずみ、”ブツブツ”がなくなる(古い角質をしっかりキャッチ)

●ニキビ肌を改善できる(有効成分によって予防できる)

●”くすみ”を改善できる(肌を明るくできる・トーンをあげる)

●全体的に「肌をキレイ」にできる(美肌を目指す!)


どんな肌質でも使える

2cats.jpg

⇒商品の詳細はこちら
posted by イイ洗顔 at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「然(しかり)よか石けん」を使ってみました

「よか石けん」に魅了された一人として、私も定期的に購入させてもらってます。

注文から2日程度で到着です。

images (2).jpg

「よかネット」付きで泡立てがしやすい!

1images.jpg

手触りは粒子が細かく少しざらつく感じです。

これをネットで泡立てて行きます。

images (1)1.jpg

泡立て後は、こんな感じ。

とにかく泡立ちが凄いんです。

汚れを泡で落とすとはこういうことなんだと実感できます。

使ってみんしゃいよか石けん7.png

↑はイメージですが、粘りというか粘度があり泡に力がありますね。

洗顔の基本は洗顔時に顔に指を当てないことが大事なんですが

これだけの泡の弾力が強ければ指で顔をごしごししてしまう心配もありません。

ちなみに、顔だけでなく体にも使用できるため、くすみ取りにもオススメです。

⇒商品の詳細はこちら
posted by イイ洗顔 at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗浄力が強すぎて、乾燥してしまわないの??

乾燥しない理由

「よか石けん」には火山灰シラスパウダーという毛穴より小さい洗浄成分が含まれていて、

吸着力に優れているため、古い角質などをキレイに取り除いてくれます。

「吸着力が強い」のはたしかなんですが、そもそも「石けん」なので、

洗顔”フォーム”のように角質を剥ぎ取ってしまうなんてことはまずないんですよね。

肌の”バリア”は守られ、「乾燥肌」や「敏感肌」の人でも安心して使えるというわけなんです。

私も使用する前は心配してました。

でも、使ってみれば「乾燥するどころか、肌にはうるおいを残してさっぱり」です。

火山灰シラスパウダー-300x263.png

その理由がこれです。

天然成分で強い粘着よくで汚れを落としてくれるのに

火山灰シラスパウダーは手穴より小さい超微細サイズなため

肌の角質のみを取り除いてくれるんですね。

⇒商品の詳細はこちら
posted by イイ洗顔 at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使用方法

posted by イイ洗顔 at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
日記(6)
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。